【本】お金の不安が消えるノート

お金の不安が消えるノート

「お金そのものについて、きちんと勉強したい」と思っていたら、良い本に出会うことができました。


お金の不安が消えるノート

お金の不安が消えるノート
著者 :田口智隆
出版社:フォレスト出版

お金の不安が生まれる理由

お金の不安を感じたことのない人は、おそらくほとんどいないでしょう。
なぜ、お金の不安を感じるのでしょうか? それは、日本は資本主義のため、もしお金がなくなってしまったら、人生が不幸になってしまう(少なくとも、そう考えてしまう)からではないでしょうか?
貯金をすれば、お金の不安を減らすことはできるのでしょうか? そのヒントが、この本のなかにあります。

お金の不安をなくす方法

この本には、お金にまつわる不安をなくすために、主に次の3つについて書かれています。

 ①お金を管理する方法
 ②お金を増やす方法
 ③お金が貯まる習慣

①と②を実現するためのツールは、何と1冊のノートです。 秘密は、ノートの使い方にあります。

お金を管理する

あなたは、お金を管理していますか? 僕はこの本に出会うまで、管理と言えるようなことはしていなくて、預金通帳を記帳する程度でした。
自分が手にしたお金を、何にどのように使うのか。 その場の感情で使うのか、それとも、使い道を考えながら使うのかによって、人生は大きく変わります。
お金の管理は、たった1冊のノートでできます。 それは、家計簿を書いたりするのとは、少し違います。
詳細は本書に譲りますが、使ったお金の用途を3つのカテゴリー(消費、浪費、投資)に分けて、その金額を記録します。 記録を続けると、お金の使い方が分かるので、使い道をコントロールすることができるようになるのです。

お金を増やす

お金を増やすと聞くと、どのようなイメージが湧きますか? 僕はギャンブルを連想してしまいます。
著者の田口智隆さんは、かつて競馬やパチンコなどで500万円もの借金を抱えていましたが、手取り13万円の状態から借金を完済したばかりか、1000万円の貯金をするまでになったそうです。 この見事な逆転劇を支えたのも、1冊のノートでした。
ポイントは、お金の節約と投資です。 僕は投資はしていませんが、節約方法はとても参考になりました。

お金が貯まる

「本当に価値のあるものだけにお金を使う」「ハンバーガーを食べてはいけない!」など、お金が貯まる11の習慣についての田口さんのコメントは必見です。 「早寝早起きをする」など、自営業でなければ難しいものもありますが、ほとんどは万人共通のものです。
習慣は、日々の行動の繰り返しです。 ぜひ、できるものから実践して、その効果を確かめてみてください。

<この記事をシェアする>

  • リツイートする

“【本】お金の不安が消えるノート” への10件のフィードバック

  1. ray ban on sale より:

    “4. …middle class and poor will get stuck with socialized crap-care, while only the rich would be able to afford quality private care. Go equality!”

  2. Randhil より:

    Shoot, so that’s that one spupoess.

  3. insanity coupon より:

    thank you for share!

  4. as you may know very well as opposed to me these days personal blogs are cropping up far and wide.most people starting these sort of blogs think,they might write anyway not to mention anything on there web page which is definately not actual.but your blog precisely stands out for your writing style,it is actually quite engrossing.keep at it.

    • Kouji より:

      コメントありがとうございます!
      ブログには、僕の起業活動の他に、見知ったことや感じたことを、ありのままに書いています。
      ブログを見に来てくださる方々に、少しでも楽しんでいただけるよう、これからも同じスタイルで書き続けます。

  5. Your means of describing everything in this paragraph is in fact pleasant, all can effortlessly know it, Thanks a lot.

    • Kouji より:

      コメントありがとうございます!
      僕の書いた記事が、少しでもお役に立つことができれば、それはとても嬉しいです。

  6. This is a topic that is near to my heart… Cheers! Where are your contact details though?

    • Kouji より:

      コメントありがとうございます!
      今は起業活動に集中するため、かつての友人達とは一切会っていません。
      個人で起業することの厳しさを、痛感しています。

  7. Kouji より:

    コメントありがとうございます!
    ブログには、サラリーマンを辞めて起業してから、実際に起きたことや感じたことを、ありのままに書くように努めています。
    成功しても失敗しても、悔いのない人生を歩みたい。 その想いの活動記録が誰かの役に立てれば、何とも嬉しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

トラックバックURL:
http://www.nanasan-system.com/weblog/archives/207/trackback