ポイントカードは持たない

夕焼けと曇り空

ポイントカードを持たない理由について。


商品を販売しているお店には、大抵、ポイントカードがあります。

  • 商品を買うと、金額に応じてポイントが貯まる。
  • 貯まったポイントで、商品を買うことができる。

どうして売る側は、ポイントカードを発行するのでしょうか?
それは、売上が高くなる(利益が増える)からです。

買う側(消費者)から見れば、使うお金の金額(出費)が、増えることになります。
ポイントカードを持つ枚数が増えるほど、お金をたくさん使うことになるわけです。

買った物が、すべて必要なものであれば、問題ありません。 でも、本当に、そうでしょうか? 「ポイントが貯まるんだからお得」と思って、あまり必要の無い物まで、ついつい買ってしまうのでは、ないでしょうか?


だから僕は、ポイントカードを持たないようにしています(ゼロではありません)。

今持っているカードは、
 ポイントカード2枚(家電量販店)、
 スタンプカード3枚(珈琲店、床屋、お好み焼き屋)、
の合計5枚です。

どれも、必須のお店だったり、付き合いだったりで、持っています。
これ以上、持つ気は無くて、お店から勧められても、断っています。

少し前にも、とあるデパートで買い物をした時、
「カードを作れば、今買い物した金額から割引されますよ」
「ご不要でしたら、作ってすぐに捨てても構わないですよ」
と言われましたが、ていねいに断りました。

夕焼けと曇り空

自分が買う物は、自分でコントロールしたい(他者にコントロールされたくない)。 だから僕は、この姿勢を続けたいです。

<この記事をシェアする>

  • リツイートする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

トラックバックURL:
http://www.nanasan-system.com/weblog/archives/3091/trackback