ミニ四駆情報サイト制作奮戦記vol.87

青空と雲

大好きなミニ四駆の活性化のために。 ミニ四駆情報サイト制作活動の続報です。


イントロダクション

僕は、これからミニ四駆を始める人・復帰する人向けに、ミニ四駆情報サイトを作っています。
目的は「ミニ四駆の活性化」、公開日は5月5日(こどもの日)です。

  • レーサーミニ四駆の看板
    ミニ四駆は、模型界では世界的に有名な田宮模型が、1982年の7月に製造・販売を始めた車の模型です。 過去2回、爆発的なブームとなったため、20代後半から30代後半の大人で、ミニ四駆を知らない人は、いないほどです。

    ミニ四駆漫画 ダッシュ四駆郎ミニ四駆漫画 爆走兄弟レッツ&ゴーミニ四駆漫画 めざせ!ミニ四駆レーサー日本一!!
  • ジャパンカップ2013東京大会の様子
    現在は、第3次ブームが到来。 子供から大人まで、幅広い層の人たちが遊んでいます。 男の子や男性はもちろん、女の子や女性、そしてシニアの方にも、親しまれています。

    ミニ四駆ジュニアカップの様子その1ミニ四駆ジュニアカップの様子その2
  • 再調整したミニ四駆
    ミニ四駆の組み立てに、接着剤は不要。 構造がシンプルなので、改造のバリエーションも豊富です。 自由に改造できる点や、自慢のミニ四駆を披露したり競争できたりする点が、最大の魅力です。

    ミニ四駆の改造記事の写真その3トライダガーXX(MSシャーシ)

電子書籍が完成

ミニ四駆情報サイトの電子書籍が、ついに完成しました。
※紹介ページ:http://www.miniyonku.net/e-books

ミニ四駆の電子書籍の紹介ページ

書籍は、特定のテーマに絞って、分けて執筆しました(全31冊)。 1冊にまとめるには、膨大で無理があるからです。

執筆を始めて、13ヶ月。 ようやく形にすることが、できました。
簿記のテキストと同じく、Amazon(Kindle)で販売します。

最後まで悩んだ書籍の価格

販売価格は、悩みに悩みました。 いちどつけても、少し時間を置いてみると、
「あれ? これは安すぎるんじゃ、ないかな?」
「これは少し高くて、自分では買えないかも。。。」
と感じることが多々あったので、何度もつけ直しました。

簿記のテキストは、類書が多かったので、値決めは簡単でした。
でも、ミニ四駆情報サイトの類書はないので、自分で基準を作る必要があります。

価格が確定したのは、ほんの数週間前です。
「価格以上の価値があると、胸を張って主張できるか?」
「自分がお客の立場でも、納得して買うことができるか?」
「友人・知人に、自信を持って勧めることができる価格か?」
といった観点で、ぎりぎりの金額を設定しました。

青空と雲

また1つ、夢を叶えることができました。 次は、スマートフォンアプリの制作です。


【関連記事】
 ミニ四駆、始めました
 ミニ四駆情報サイト制作奮戦記vol.86
 ミニ四駆情報サイト制作奮戦記vol.88

<この記事をシェアする>

  • リツイートする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

トラックバックURL:
http://www.nanasan-system.com/weblog/archives/3102/trackback