ミニ四駆情報サイト制作奮戦記vol.91

午後の太陽と雲の境目

大好きなミニ四駆の活性化のために。 ミニ四駆の活動の続報です。


イントロダクション

僕は、これからミニ四駆を始める人・復帰する人のために、WEBサイトを運営しています。
目的は「ミニ四駆の活性化」、公開日は5月5日(こどもの日)です。

  • レーサーミニ四駆の看板
    ミニ四駆は、模型界では世界的に有名な田宮模型が、1982年の7月に製造・販売を始めた車の模型です。 過去2回、爆発的なブームとなったため、20代後半から30代後半の大人で、ミニ四駆を知らない人は、いないほどです。

    ミニ四駆漫画 ダッシュ四駆郎ミニ四駆漫画 爆走兄弟レッツ&ゴーミニ四駆漫画 めざせ!ミニ四駆レーサー日本一!!
  • ジャパンカップ2013東京大会の様子
    現在は、第3次ブームが到来。 子供から大人まで、幅広い層の人たちが遊んでいます。 男の子や男性はもちろん、女の子や女性、そしてシニアの方にも、親しまれています。

    ミニ四駆ジュニアカップの様子その1ミニ四駆ジュニアカップの様子その2
  • 再調整したミニ四駆
    ミニ四駆の組み立てに、接着剤は不要。 構造がシンプルなので、改造のバリエーションも豊富です。 自由に改造できる点や、自慢のミニ四駆を披露したり競争できたりする点が、最大の魅力です。

    ミニ四駆の改造記事の写真その3トライダガーXX(MSシャーシ)

読者から苦情が来る

先日、ミニ四駆情報サイトについて、以下のメールが来ました。

改造の参考にしようと思ったのに、有料化されていてとても困った。

これは初心者とかも改造は見ると思う。

けど電子書籍高い!

こんなんじゃー読む人も減りますよ。これからは他のところ読みます。

返信は、迷いました。

ただ、率直な意見がもらえたわけで、それについて、お礼を伝えることにしました。 また、
 電子書籍化および記事の大半を削除したことには事情があること、
 詳しい経緯は「ミニ四駆制作改造情報局の軌跡」にまとめていること、
を、あわせて伝えました。

電子書籍の売上をチェックすると、軌跡の本が売れていました。 その後、音沙汰はありませんが、きっと納得してくれたと思います。

公式大会の優勝経験者(?)が電子書籍を出版

公式大会の優勝経験者を名乗る人物が、ミニ四駆の電子書籍を出版しました。

元チャンピオンズ しぇっぴんさんの本

ところが、著者は実名ではありません。 ですので、本の購入は、見送ることにしました。

本名でなければ、本当に公式大会の優勝経験者なのか、分かりません。 名前を明かさない姿勢に、疑問もあります。 無責任さや、心の弱さを、感じるんですね。


以前の記事(
 ミニ四駆情報サイト制作奮戦記vol.89
 ミニ四駆情報サイト制作奮戦記vol.90
)で紹介した本の著者は、実名です。 続編が出版されていたので、購入しました。
NR流四駆車改造理論 第三章: 駆動系の応用 MSシャーシ編

NR流四駆車改造理論 第3章 駆動系の応用 MSシャーシ編

ミニ四駆の盛況を維持するには、サービスの提供者にお金を払う(応援する)ことが大切です。 ただ、相手(特に、心の姿勢)は、見定める必要があるでしょう。

午後の太陽と雲の境目

サービスを受ける側から、提供する側に回ったからこそ、見えてきたことがあります。 それは、これからの時代(多くの仕事がAIに置き換わる世の中)を生き抜くために、欠かせないものかもしれない。 そんな気がします。


【関連記事】
 ミニ四駆、始めました
 ミニ四駆情報サイト制作奮戦記vol.90
 ミニ四駆情報サイト制作奮戦記vol.92

<この記事をシェアする>

  • リツイートする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

トラックバックURL:
http://www.nanasan-system.com/weblog/archives/3155/trackback